資産価値にこだわる!

日本人が将来的にマンションを購入して行くには、忘れてはならない基本概念が存在しています。 それは必ずマンションの資産価値を見据えて購入するということになり、自身が居住してもしなくても資産価値を維持できるような物件を選ぶと言うことになるでしょう。

つまり、マンションは資産価値が落ちて行きますと処分が非常に困難となり、人間は高齢化すると収入源が少なくなることが一般的ですので維持費の捻出も不可能となって行きます。 そのため、日本全国で一戸建てやマンションの空き家率がこれほど高い状況では、売却するにも資産価値を維持するのがとても難しい状況に面している分けです。 よって、マンションをこれから購入して行く場合は都市部でも交通の便の非常に良い場所を選ばなければなりません。

それは、マンション自体の築年数がある程度過ぎて行っても賃貸物件としてはまだまだ魅力的であるからです。 今後、日本ではマンション購入よりも賃貸するケースが急増して行くことが見込まれています。 そのためマンション購入には永久に住み続けることよりも、ある時期から賃貸に出すことを考えて行かなければ維持におけるリスクを分散することが出来ないと言えるでしょう。