意外に費用がかかる!

マンションでも新築好きな日本人にとっては、都市部における新しい開発情報は非常に有意義なものと言えるでしょう。 しかし、どんなに新しいマンションであっても老朽化は避けられず、いつかは補強や建て替えをしなければなりません。

現在同じマンションであっても売れ行きの良好なところとそうでない場所の差がどんどん開いているとされ、高齢者の多いマンションが増えて空き家率もかなり高い物件も多く存在しています。 この大きな理由の1つに少子高齢化によってマンション購入数が減ったと言うこともありますが、それと同時にマンションを維持していくためには住宅ローン以外にも色々な費用が発生することが認識された結果だと言えるのです。

つまり、マンション購入をせずに賃貸物件で身の丈にあった居住を進める方も多く、賃貸では家賃と共益費を支払えば他の維持費は発生しないために建て替えなどのリスクを負う必要がありません。 マンションを居住空間として購入すると遅かれ早かれ建て替え問題が発生するために、永久的に費用を徴収される仕組みが組み込まれてしまう分けです。 そのため、居住する場所としてはあまりにも立地の悪いマンションになりますと空き家率がどんどん進むリスクを持っています。